フロントグリルにメッキでカスタムしませんか!?


貴方のフロントグリルをカスタムメッキしませんか? NAKARAIが分厚くメッキ加工します

※弊社のフロントグリルへのクロームメッキ加工は樹脂パーツにも蒸着メッキ・銀鏡メッキ等の脆いメッキ風塗装ではなく、クロム金属を被覆させた電気鍍金加工いわゆるドブ漬けメッキの本物クロームメッキです。樹脂にクロームメッキ出来るの?と思われる方もいらっしゃると思いますが可能です。FRP PP PA ABS の材質に対応。
作業工程としては■塗装剥離→素地修正→通電塗料→無電解メッキ→銅メッキ→バフ研磨→ニッケルメッキ→クロームメッキという流れで手間暇かけて本物クロームメッキ加工をしております。 拭きつけて終わり、、というような工程ではないので、金額は蒸着メッキ・銀鏡メッキの2倍以上の価格になりますが、耐久性は10倍以上で す。価格だけを聞くと高いと思われる方もいらっしゃいますが、中・長期的に考えたら絶対的に安いです。 蒸着メッキはアルミが主成分・銀鏡メッキは銀が主成 分でいずれにしてもトップコートをしないとすぐに変色しまい、装着して一か月くらいで剥がれ・変色が起こるものもあります。それどころから仕上がりが悪く装着すらできないものがあります。弊社で一番多い問い合わせが、他社でメッキ風塗装をしたのですが、仕上がり悪く御社で再メッキ加工できませんか?という問い合わせがものすごく多いです。
ですので、ワンオフメッキをどうせされるのでしたら、本物のクロームメッキ加工をしていただきたいです。
安いからといって安価なメッキ塗装ですとかえって高くつくケースがとても多いです。
ですので多少金額がかかってもきっちりクロームメッキ加工をして頂きたいです。クロームメッキは大気中で変色しにくく耐食性にもとてもすぐれています。現に自分のハイラックスサーフのグ リルガード樹脂パーツにクロームメッキしておりますが、7年経っても1μも錆び、変色・膨れ等はありません。

残念ながら全てのフロントグリルにメッキ加工ができません!

プラスチックは表面処理の剥離をすると、材質が部分的に溶ける可能性があり、     
■表面処理の剥離がきちんと出来るのか?(塗装、着色、メッキ等々)
■通電がきちんと出来るのか?(金属を溶かして被覆させるので通電が最大ポイント)    
等の問題があるからです。
      
※メッキと塗装の複合タイプのものは、メッキ加工できません(例えば、、グリルの枠がメッキでインナーが塗装の一体パーツ)・・・メッキ&塗装の剥離剤を使用すると素地がもちません)

メッキ加工できない参考例


Q.スバルH15年レガシィBP純正グリルです。5年ほど使用したら、メッキがはげてきました。新品の純正を検討しましたが、またはげたら嫌なので、こちたにご相談しました。

A.大変申し訳ございません。こちらのグリルは再メッキ不可です。理由ですが、素地→メッキ→メッキ部マスキング→塗装とされており、素地に戻すには塗装剥離→メッキだけにする→メッキ剥離→素地に戻さないといけなく、すでにメッキ部分がはがれていることから素地がメッキ&塗装剥離(剥離剤は強力)に耐えられず、樹脂そのものが溶けてしまう可能性が高いからです。素地に戻せないと再メッキは不可能です。

ディラーから無塗装パーツを手に入る場合は、弊社で分厚くメッキ加工できます。手に入らない場合は、純正パーツ を購入され、定期的にメッキング塗布で、剥がれ予防をお勧めいたします。純正パーツのメッキはとにかく被膜が薄いので、メッキングをしたからといっても、 完全に剥がれ防止になるかどうかは分かりませんが、やららないよりは、絶対にメッキングでコーティングされる事を強くお勧めいたします。

メッキ加工できない参考例


このように、アルミと樹脂の複合のグリルはメッキが出来ません。
グリルの場合は、素材が複合のものではなく単素材のものでないとメッキ加工は難しいです

フロントグリルのメッキ参考画像

 
 
 
 
 
 
 
         次ぎは貴方の番です! クロームメッキしたくなった方は↓↓    
   

フロントグリルの装着参考画像

   
   TOYOTA コースター      

 
 
  メッキ前  史上最鏡のレクサス誕生か!?

アウターグリルはメッキされる方はいらっしゃいますが、インナーグリルまでされる方は初めてです。

インナーまでクロームメッキすると違いますねー!!

かっこ良すぎます!

次ぎは貴方の番です! クロームメッキしたくなった方は↓↓
 

本物クロームメッキとメッキ風塗装の見分け方教えます!


簡単です。テスターを当てれば、イチコロでわかります。

■クロームメッキ=通電する ○
■メッキ風塗装 =通電しない×

フロントグリルのメッキの輝き復活させる方法を教えます!?


綺麗なお姉さんでも簡単にフロントグリルメッキパーツをピカピカにする事が出来ます。
それが《メッキング&サビトリキング》

結論ですが、

メッキング&サビトリキングをしてもメッキが復活しないフロントグルメッキパーツは、再メッキもしはく、新品パーツを購入し直すしかないということになります。→もちろん弊社はメッキ加工のプロ集団ですので再メッキ加工も出来ます!

フロントグリルメッキパーツのこんな事で悩んでいませんか?

  • フロントグリルのメッキが剥がれた!
  • フロントグリルのメッキが浮いてきた!
  • フロントグリルのメッキがくすんできた!
  • フロントグリルのメッキがサビてきた!
  • フロントグリルのメッキの手入れ方法が知りたい!
  • フロントグリルのメッキの扱い方法がわからない!
  • フロントグリルにメッキ加工したい!
  • フロントグリルにワンオフメッキしたい!
  • フロントグリルの再めっきしたい!
  • フロントグリルのリクロームしたい!
  • フロントグリルをメッキでカスタムしたい!
  • フロントグリルにメッキして仲間から一目置かれたい!
  • メッキカスタムコンテストで優勝したい!
  • とにかくメッキフロントグリルが大好きなんだ!

フロントグリルパーツ"メッキ輝き"のことならお任せください

image047 史上”最鏡”の
メッキ加工のプロ集団NAKARAIが
貴方のフロントグリルパーツをピカピカにします!
お気軽にご相談ください!  
そんなNAKARAIとは(・・? 光りものが大好きで自分のジェットスキー、自転車をピカピカクロームめっきしています! 
≪次はあなたのフロントグリルパーツンをピカピカにしましょう!!»

新着情報
2014.11.24

ベンツグリルをクロームメッキしました。

2014.11.19

本田N-BOX純正フロントグリルをクロームメッキしました。

2014.11.19

レクサスグリルをクロームメッキしました。

2014.09.18

オデッセイ社外フロントグリルをクロームメッキしました。

2014.01.11

HPをリニューアル致しました。これからお客様へ情報をお伝えしていきます。

いろんな雑誌で特集されています



アメ車・旧車、車雑誌から、バイク雑誌・トラック雑誌までいろんな雑誌で特集がくれる最鏡ケミカルが《メッキング&サビトリキング》です。クロームメッキですが、一番の弱点は扱いずらい、メンテナンスが大変という声をよく聞きます。
ご安心ください。プロ仕様の薬品ですが、どなたでも簡単にピカピカにする事ができます。
専用のクロスで塗布するだけ、たったそれだけで貴方のカスタムメッキパーツの輝きを取り戻しピカピカが維持できます。 貴方も史上"最鏡"を体感してみてください!


 
フロントグリルのメッキをいつまでもピカピカに維持します!

注文数


      

フロントグリルにメッキングを使用されたお客様の声


使用車種ヴェルファイアG's N様

メッキング施工後ディーラーに用事があり乗って行くと ディーラーの人にメッキがなんか違う気がするんですけど?と言われました。それはメッキングをしたからです!と言いました!

新車から施工しましたがやっぱり見た目から違うんだなと感動しました!

メッキの一番のケミカル用品は間違いなくナカライさんの商品だと思います。

拭き取りクロス類も別発注して大事に使っています! ケミカル用品はワコーズとシュアラスターしか使わないと決めていましたがナカライさんも使わせて頂きますね!!


フロントグリルのメッキをいつまでもピカピカに維持します!

注文数


フロントグリル・メッキパーツお悩み相談室を立ち上げた”思い”ですが、

最近、”カスタムメッキパーツ離れ”をする多くの方々が挙げる理由には「カスタムメッキパーツ(めっき)=さびびやすい・剥ががれる・あつかいづらい」……というネ ガティブなイメージがあります。
でも、そのイメージは近年のコストの削減に継ぐ削減による”カスタムメッキパーツの質の低下”が最大の要因なのです。
が、しかし、こうした流れはどうすることもで きません

本来、”カスタムメッキパーツの輝き”はとても素晴らしいものです。

なのに粗悪な鍍金のせいで、カスタムメッキパーツの素晴らしさがイメージダウンすることが堪えられなかった……

そこで!!  間違ったカスタムパーツへのメッキお手入れ方法を今すぐやめていただき、カスタムメッキパーツの弱点、特性を知っていただいたうえで、カスタムメッキパーツの輝きを永続的に維持する方法を理解していただきたいのです!

 

また、これからメッキ加工を検討している方には、本物の加工をしていただきたい! と強く願っています。
巷では、メッキ風塗装屋が水と空気以外何にでもメッキできます! とウタっておりますが、果たして何にでもめっき出来ることがいいことなのでしょうか?
一番重要なのは質感、品質、耐食性ではないでしょうか?本物クロームとクローム風塗装では、明らかに仕上がり、耐食性、変色性、密着性が段違いです。

大事なカスタムパーツにワンオフでメッキ加工する場合は、一番はやはり! 品質ではないでしょうか。 
そんな本物志向の貴方にはNAKARAIが分厚くめっき加工します!

 

すべては!! 貴方のフロントグリルのメッキパーツがいつまでも、いつまでも光り輝いていて欲しいからです!
カスタムメッキパーツの加工の事で何かお悩みがありましたら、個人・カスタムパーツショップ・法人様問わず何なりとご相談ください!

フロントグリルのメッキの事で何かお悩みがありましたら、
何なりとご相談ください!